無人契約機から申込む

以前の消費者金融の申込は電話や郵送、店舗窓口からの申込方法がありました。
即日融資で借りるためには店舗窓口からの申込をし、審査は担当者と対面形式で行われていました。
しかし、お金の相談をすることや顔をあわせないことからあまり人気のある申込方法ではありませんでした。
アコムが全国に無人契約機の「むじんくん」を設置し、大手消費者金融も全国に無人契約機の設置を進めていきます。
無人契約機は担当者と顔を合わせることもなく申込ができる、ということからキャッシングの申込者が急激に増えていきます。
最近は無人契約機に代わり、インターネット申込が主流になりつつありますが、インターネット環境が整っていなければネットからの申し込みはできませんが、無人契約機なら申込ができるので今でも多くのかたが申込手段と利用しています。
「インターネットからの申込は時間的な制約がある」
インターネット申込で即日融資を受けるためには、消費者金融によって違いがありますが、即日融資を受けるためには指定された時間内に契約が終わっていなければなりません。
時間内に契約が必要になるのは、銀行の営業時間が平日の午前9時から午後3時までなので、時間外になると振込が翌日になってしまいます。
そのためにおおむね午後2時頃までに契約を完了させておく必要があります。
ただ、申込の曜日や時間帯によって間に合わないこともあるので、できれば前日夜か午前中に申込みを済ませる必要があります。
「インターネット申込と無人契約機を併用する」
インターネットからの申込はこのように時間的な制約を受けます。
しかし、ほとんどの大手消費者金融の無人契約機は365日午前9時から午後9時、10時まで営業しています。
仮にインターネットからの申込が指定時間内に契約ができないときは、申込から仮審査までを済ませておきます。
その後、仕事の帰り道や外出をしたときなど無人契約機へ行き、本審査を受けて契約するという方法もあります。
契約が終わればカードが発行され、カードを受け取って備え付けのATMや提携コンビニATMからお金が引き出せるようになります。
「無人契約機へ行くときは必要書類を忘れずに」
即日融資は直接無人契約機から申込みをすることもできます。
無人契約機で審査を受けるときは、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明ができるものを忘れずに持っていきましょう。
また、土曜日や日曜日、祝日以外は休みが取れないというかたも無人契約機を利用すれば平日以外でも申込をしたその日にお金が借りられます。
大手消費者金融が即日融資に強いのはこの辺のシステムが充実しているから、ともいえます。

同僚からお金を借りる

会社勤めをしていると飲み会や食事会などに誘われたとき、、同僚の結婚式で出費がかさみ、給料日前の小遣いが足りないのでお金を借りたいときがあります。

しかし、身内や同僚などのお金の貸し借りは、いずれトラブルの原因にもなるので冷たいようですがやめておきましょう。

特に同僚の場合は、毎日顔を合わせるのでそういったトラブルになってしまうと仕事にも影響が出ますし、同じ職場で仕事をすること自体がいやになってしまいます。

そのため時間がたつにつれて普段は気にならない話でも、借りたほうは言いたいことがあっても言えなくなったり、貸した方は内心「そんなことは返してから言え」とも思うようになり、それが重なるとお互いのストレスが少しづつたまっていき、いずれはお金の貸し借りが原因で不仲になり、その会社にいられなくなったという話もよく聞きます。

どうしてもお金が必要になったときは、一時的な借入方法として消費者金融のキャッシングや銀行カードローンでお金を借りる方法があります。

キャッシングは自分の責任範囲でお金を借りるので、人にたよることなくお金が借りられます

今日明日中にお金が必要なときでも、申込をしたその日にお金が借りられる即日融資で借りることもできますし、キャッシング会社によっては初回の利用時に限って一定期間「無利息」でお金が借りられるという、おとくなサービスを実施している消費者金融もあるので、そういった場合は一度検討してみてはどうでしょうか。

関連記事